shunkun's blog

アナログとラジオを中心に紹介しています。

この1枚 冬が来る前に / 紙ふうせん

 

 

 

f:id:shunkun2019:20201203020738j:image
◯ 冬が来る前に / 紙ふうせん

    (後藤悦次郎&平山泰代


がさがさレコード日記さんからの連鎖です。
この季節になると聴きたくなる曲です。

 

f:id:shunkun2019:20201203020749j:image

 

 

f:id:shunkun2019:20201203020755j:image

 


冬が来る前に
・作詞:後藤悦治郎
・作曲:浦野直
・編曲:梅垣達志
・1977年9月リリース

 


☆ 冬が来る前に / 紙ふうせん
https://youtu.be/OzXgqgIsLU8

 

 


♪♪

 

この1枚 街が泣いてた / 伊丹哲也 & Side By Side

 

 

f:id:shunkun2019:20201202065112j:image


◯ 街が泣いてた / 伊丹哲也 & Side By Side


第19回ヤマハポピュラーソングコンテストのグランプリ受賞、併せて第11回世界歌謡祭グランプリ受賞曲(1980年)

 

f:id:shunkun2019:20201202065120j:image

 

f:id:shunkun2019:20201202065126j:image

 

街が泣いてた
・作詞作曲 伊丹哲也
・1980年11月28日リリース


なお、ポプコン、このとき優秀曲賞には、先月取り上げましたが、雅夢の「愛はかげろう」(1980年9月25日リリース)が入っていたそうです。

 


☆ 街が泣いてた / 伊丹哲也 & Side By Side 
https://youtu.be/EWGBsSNUTc4

 


赤いきつねと緑のたぬき40周年コラボ企画!

 

赤いきつね と 緑のたぬき 40周年

マルちゃん&フリトレーのコラボ企画商品だそうです。

 

f:id:shunkun2019:20201201000151j:image
f:id:shunkun2019:20201201000156j:image

赤は、トルティーヤチップス。
きつねうどんの味!

 

 

f:id:shunkun2019:20201201000208j:image
f:id:shunkun2019:20201201000203j:image
緑は、ポップコーン。

天そばの味!


確かに、笑いが出るくらい、"その味" がするんです。

 


.

この1曲 THIS SIDE OF FOREVER / 阿川泰子

 

 

阿川泰子さんのアルバム「SUNGLOW」から再びです。

 

f:id:shunkun2019:20201130001911j:image

 

このアルバム自体は少し前に紹介したのですが、曲の「THIS SIDE OF FOREVER」をYouTubeで検索していたら、このような動画を見つけました。

 

SONY

TC-8750-2
(2トラ38機)で録再しているものです。

(オーディオの足跡からお借りしました。)

f:id:shunkun2019:20201130001921j:image


当時SONYの民生機の頂点、今となっては大変に貴重なオープンデッキと思います。

↓    ↓

☆ THIS SIDE OF FOREVER / 阿川泰子
(SONY TC-8750-2) 
 https://youtu.be/8gwKxqSBnX0

 

 


♪♪♪

このEP盤 グラス・ルーツ

 

昨日のロバート・プラントさんからの連鎖です。

グラス・ルーツ(THE GRASS ROOTS)です。

親しみやすく軽快なメロディの曲が多いと思いますが、イマイチ知名度が低いかもしれません。


1973年
恋に乾杯!
(LOVE IS WHAT YOU MAKE IT)

f:id:shunkun2019:20201129015343j:image

f:id:shunkun2019:20201129015409j:image

https://youtu.be/fTg60xXVQwI

 

 

 

1972年
涙の滑走路(THE RUNWAY)

f:id:shunkun2019:20201129015419j:image

f:id:shunkun2019:20201129015427j:image
https://youtu.be/FGyehUhuGsI

 

 

1971年
恋はすばやく
(SOONER OR LATER)

f:id:shunkun2019:20201129015520j:image

f:id:shunkun2019:20201129015528j:image
https://youtu.be/RcgrjGGOaRI

 


1967年
今日を生きよう
(LET'S LIVE FOR TODAY)

f:id:shunkun2019:20201129015540j:image

f:id:shunkun2019:20201129015547j:image
https://youtu.be/EduSlPIHjGw

 


この1枚 コーヒーショップで / あべ静江

 

 

◯ 学生街の喫茶店からの連鎖で、コーヒーが美味しい季節に、この1枚です。

 

 

f:id:shunkun2019:20201128000618j:image

 

f:id:shunkun2019:20201128000623j:image


あべ静江さんのデビューシングルですね。
昭和48年(1973年)リリース。

 

f:id:shunkun2019:20201128000638j:image


コーヒーショップで
・作詞:阿久悠
・作曲:三木たかし
・編曲:馬飼野俊一

古くから学生の街だった
数々の青春を知っていた
城跡の石段に腰おろし
本を読み涙する人もいた
そんな話をしてくれる
コーヒーショップのマスターも
今はフォークのギターをひいて
時の流れを見つめてる… 

("学生街の喫茶店"を彷彿させます。)

 

f:id:shunkun2019:20201128000652j:image


☆ コーヒーショップで / あべ静江
https://youtu.be/I1YR_Tnwuu0

 

 

 

 

 

 

この1枚 学生街の喫茶店 / GARO

 

 

あの時は道に枯葉が
音もたてずに舞っていた
時は流れた……


1972年(昭和47年)、ちょうど今頃の季節から翌年に掛けて大ヒットしました。
秋が深まると思い出して聴きたくなる曲です。

 

f:id:shunkun2019:20201127000306j:image

 

学生街の喫茶店 / GARO

・作詞 山上路夫

・作曲 すぎやまこういち

・編曲 大野克夫

・プロデューサー ミッキー・カーチス


発売は1972年6月、当初は「美しすぎて」がA面でしたが、B面の「学生街の喫茶店」が話題となり、ジャケットの基本レイアウトはそのままに、曲名の文字部分だけを入れ替えて発売されたという逸話のレコードです。

 


ジャケット裏の歌詞等を見ると「美しすぎて」が先に来ています。裏側は当初のレイアウトそのままなんですね。

 ↓      ↓

f:id:shunkun2019:20201127000317j:image

 

 

 

f:id:shunkun2019:20201127000324j:image

 

 

YouTubeを観たところ、アルフィーのライブ映像がありました。流石の貫禄です!
GAROに加え、末尾に引用してみました。

 

 


☆学生街の喫茶店 / GARO
 https://youtu.be/Ut54dsPHTfw

 


☆学生街の喫茶店 / THE ALFEE
 https://youtu.be/x9hJQZ1edmc

 


♪♪